妊娠>出産直後の赤ちゃんの気持ち

<出産直後の赤ちゃんの気持ち>
子宮という保護されている安全な環境から、
急に新しい環境へ生まれてきた赤ちゃんは、
なにを考えているんでしょう。

羊水もなく、うす暗い自分だけの落ち着く空間も、
心がいやされるおかあさんの鼓動も、
継続的な栄養供給も全てなくなってしまうわけですから、
落ち着かず、不安でいっぱいでしょう。

そんな時、母親や父親であるあなたは、
赤ちゃんが少しでも安心して生活のできる
環境をつくってあげましょう。
赤ちゃんが生まれてからの最初の数カ月は
赤ちゃんをあたたかくして、よく休ませ、
ほしがるときに授乳して下さい。

出産という大きな大きな挑戦に
お母さんも疲れていると思いますが、
赤ちゃんもその小さな体で一生懸命生まれてきて、
今も新しい環境に戸惑いながら
一生懸命に生きようとしています。

この時期の赤ちゃんの様子も、お腹にいた時と同様に
ひとりひとり個性があり、異なっています。
赤ちゃんをよく観察して、赤ちゃんが発する言葉に
耳を傾けて、すべての感覚を使って
赤ちゃんを受け止めて行きましょう。



子どもの健康を考えよう!
健康チェックや薬の使用方法や子どもの病気を考えよう。

子どもにも権利はある!
子育ては大変ですが大事な事をしっかり話し合いましょう。

妊娠

トップページ
妊娠とわかったら(女性)
妊娠とわかったら(男性)
妊娠中の時期ごとの身体の変化
妊娠中健康的に過ごすコツ
妊娠中眠くて仕方ない場合
妊娠中の食事方法
妊娠中の水分摂取方法
妊娠すると五感が敏感
妊娠中のリラックス入浴方法
妊娠中の肌荒れ・肌の変化
妊娠・出産への心の準備
妊娠中の変化受け入れ方法
妊娠中の疲れ取り方法
妊娠中の睡眠の変化
妊娠中ぼんやりすることも大切
妊娠中のパートナーとの生活
妊娠中に話し合っておくこと
父親・母親になる準備をする
出産をスムーズに進めるコツ
出産中頑張っているのは赤ちゃん
赤ちゃんを迎える準備・出産計画
赤ちゃんを母乳で育てる準備
出産に不安を感じた時
さまざまなお産のかたち
出産の兆候(身体・心理の変化)
前期破水、おりもの、陣痛
生まれたばかりの赤ちゃん
出産直後の赤ちゃんの気持ち
出産直後のお母さんのケア
生れ立ての赤ちゃんの感覚
元気が大切なお母さん
妊娠2〜4カ月(第一期)
妊娠5〜7カ月(第二期)
妊娠8〜10カ月(第三週)
一般的なお産の進み方1
一般的なお産の進み方2
妊娠中の妊娠線の予防方法
妊娠中の吐き気(つわり)
妊娠中の胸焼け(つわり)
妊娠中の肌の乾燥・乳房の張り
妊娠中の脚の静脈瘤・むくみ
妊娠中の口内ケアの方法
妊娠中の髪の毛のケア方法
妊娠中の会陰部マッサージの方法
自然な出産のためにできること
出産時に準備しておくといいもの
さまざまな出産の形(早産)
様々な出産の形(帝王切開)
出産直前のリラックス方法
赤ちゃんの体温調整

その他

リンク募集中
女性の身体の悩み!