妊娠>妊娠中健康的に過ごすコツ

<妊娠中の健康的な暮らし>
妊娠すると、いつもよりずっと疲れやすくなることに
自分で驚く方も多いと思います。
疲れやすいため、日常生活を送ることに
まいってしまわないために、
健康的な生活を送れるように
少し意識して生活してみましょう。

食事には、新鮮でオーガニックの果物や野菜を
取り入れてみましょう。

適度に身体を動かしてみましょう。
森林浴をしたり、少し散歩をしてみみたり、
マタニティエクササイズをして
身体を動かすこともおすすめです。

少しの運動は、妊娠中のだるさや疲労感を
和らげ、出産に向けての体力が養われます。

妊婦が健康的に過ごすためには休む時間も大切です。
毎日最低でも1時間はリラックスできる時間を作りましょう。

少し横になって昼寝をしたり、音楽を聴いたり、
読書をするのもいいと思います。
またリラックスする際にはここちよく香りを感じると
よりリラックスすることができます。
好きな入浴剤やアロマオイルを入れて
ゆっくり入浴をすると心も身体もほぐれます。

女性の身体の悩み!
思春期からの約10年は女性が輝きを放つ時期です。
健やかに、楽しく過ごしていきましょう。

更年期障害の症状をチェックしよう
更年期障害の症状を理解できていますか?
動悸がするなどの自分の身体の変化感じたら…。

妊娠

トップページ
妊娠とわかったら(女性)
妊娠とわかったら(男性)
妊娠中の時期ごとの身体の変化
妊娠中健康的に過ごすコツ
妊娠中眠くて仕方ない場合
妊娠中の食事方法
妊娠中の水分摂取方法
妊娠すると五感が敏感
妊娠中のリラックス入浴方法
妊娠中の肌荒れ・肌の変化
妊娠・出産への心の準備
妊娠中の変化受け入れ方法
妊娠中の疲れ取り方法
妊娠中の睡眠の変化
妊娠中ぼんやりすることも大切
妊娠中のパートナーとの生活
妊娠中に話し合っておくこと
父親・母親になる準備をする
出産をスムーズに進めるコツ
出産中頑張っているのは赤ちゃん
赤ちゃんを迎える準備・出産計画
赤ちゃんを母乳で育てる準備
出産に不安を感じた時
さまざまなお産のかたち
出産の兆候(身体・心理の変化)
前期破水、おりもの、陣痛
生まれたばかりの赤ちゃん
出産直後の赤ちゃんの気持ち
出産直後のお母さんのケア
生れ立ての赤ちゃんの感覚
元気が大切なお母さん
妊娠2〜4カ月(第一期)
妊娠5〜7カ月(第二期)
妊娠8〜10カ月(第三週)
一般的なお産の進み方1
一般的なお産の進み方2
妊娠中の妊娠線の予防方法
妊娠中の吐き気(つわり)
妊娠中の胸焼け(つわり)
妊娠中の肌の乾燥・乳房の張り
妊娠中の脚の静脈瘤・むくみ
妊娠中の口内ケアの方法
妊娠中の髪の毛のケア方法
妊娠中の会陰部マッサージの方法
自然な出産のためにできること
出産時に準備しておくといいもの
さまざまな出産の形(早産)
様々な出産の形(帝王切開)
出産直前のリラックス方法
赤ちゃんの体温調整

その他

リンク募集中
ヘルシーな主婦レシピ