妊娠>生れ立ての赤ちゃんの感覚

<生まれたばかりの赤ちゃんの感覚>
生まれたばかりの赤ちゃんは目が見えませんし、
耳や鼻、口を使う能力ももちろん充分ではありません。
では、生まれてきた赤ちゃんはどうやって世界を
感じ取っているんでしょうか。

赤ちゃんがは肌を使って世界を感じ取っています。
肌だけでわかるのかな?と思ってしまいますが、
近くにいる人の事も、想像以上に赤ちゃんは
肌を使ってよく認識しています。

また、赤ちゃんとお母さんは、
あかちゃんがお腹の中にいるうちに
強い絆を築いています。
そして赤ちゃんが生まれてきたことにより
お母さんは、赤ちゃんの小さな身体を感じ、
赤ちゃんは、お母さんであるあなたの肌に触れ
愛情とぬくもりを感じています。

赤ちゃんは、肌を通して、熱いもの、冷たいもの、
かたいもの、やわらかいものをすぐ感じることができ、
ものに触れるという感覚を体験することができます。
肌は、生まれてすぐその役割を果たせる、
非常に重要な感覚器官なのです。



家づくりを失敗しない方法!
後悔しない家を建てる為のアイディア満載。
家づくりの前に勉強しましょう。

衣類の洗濯・染み抜き方法!
落ちにくい衣類の汚れやシミもキレイに落とす。
間違い知識を正して服を長持ちさせよう!

妊娠

トップページ
妊娠とわかったら(女性)
妊娠とわかったら(男性)
妊娠中の時期ごとの身体の変化
妊娠中健康的に過ごすコツ
妊娠中眠くて仕方ない場合
妊娠中の食事方法
妊娠中の水分摂取方法
妊娠すると五感が敏感
妊娠中のリラックス入浴方法
妊娠中の肌荒れ・肌の変化
妊娠・出産への心の準備
妊娠中の変化受け入れ方法
妊娠中の疲れ取り方法
妊娠中の睡眠の変化
妊娠中ぼんやりすることも大切
妊娠中のパートナーとの生活
妊娠中に話し合っておくこと
父親・母親になる準備をする
出産をスムーズに進めるコツ
出産中頑張っているのは赤ちゃん
赤ちゃんを迎える準備・出産計画
赤ちゃんを母乳で育てる準備
出産に不安を感じた時
さまざまなお産のかたち
出産の兆候(身体・心理の変化)
前期破水、おりもの、陣痛
生まれたばかりの赤ちゃん
出産直後の赤ちゃんの気持ち
出産直後のお母さんのケア
生れ立ての赤ちゃんの感覚
元気が大切なお母さん
妊娠2〜4カ月(第一期)
妊娠5〜7カ月(第二期)
妊娠8〜10カ月(第三週)
一般的なお産の進み方1
一般的なお産の進み方2
妊娠中の妊娠線の予防方法
妊娠中の吐き気(つわり)
妊娠中の胸焼け(つわり)
妊娠中の肌の乾燥・乳房の張り
妊娠中の脚の静脈瘤・むくみ
妊娠中の口内ケアの方法
妊娠中の髪の毛のケア方法
妊娠中の会陰部マッサージの方法
自然な出産のためにできること
出産時に準備しておくといいもの
さまざまな出産の形(早産)
様々な出産の形(帝王切開)
出産直前のリラックス方法
赤ちゃんの体温調整

その他

リンク募集中
うつ病マニュアル