妊娠>妊娠中の食事方法

<妊娠中になにを食べたらいいのか>
妊娠中はいつもより食生活を大切にしましょう。

特にたんぱく質、炭水化物、ビタミン、ミネラルが
豊富にバランスよく含まれる食事になるよう
心がけましょう。

栄養を摂らなくてはいけないからと
サプリメントでとることは避けてください。

新鮮な野菜や穀物、果物からとる
ということが大切です。

また妊娠中には、いつもより多くの
鉄分やカルシウムも必要となります。
牛乳やひじき、ミズナなどを毎日の食事に
取り入れるといいと思います。
特にひじきには食物繊維や鉄分、カルシウムが
多く含まれているのでおすすめです。

ですが、栄養を考えているからといって
食べ過ぎはよくありません。

妊娠中の体重は、一般的に8〜10キログラム
ゆっくり増えるとよいとされています。
これを超えてしまわないよう注意してください。
また妊娠中は一気にたくさん食べるのではなく
何回かにわけて少量ずつ食べるといいです。
こうすることにより、血糖値が一定レベルに保たれ
活力が大きく下がるのを防ぎます。
強い空腹感も感じません。

妊娠の初期症状から食事方法
妊娠おめでとうございます!ただ安心はまだ早いですよ?
知識をつけて赤ちゃんを産みましょう。

法律で日常のトラブルを回避する方法
身近なトラブルを法律で回避しましょう!
借金、交通事故、離婚、会社などのトラブルを法律で解決!

妊娠

トップページ
妊娠とわかったら(女性)
妊娠とわかったら(男性)
妊娠中の時期ごとの身体の変化
妊娠中健康的に過ごすコツ
妊娠中眠くて仕方ない場合
妊娠中の食事方法
妊娠中の水分摂取方法
妊娠すると五感が敏感
妊娠中のリラックス入浴方法
妊娠中の肌荒れ・肌の変化
妊娠・出産への心の準備
妊娠中の変化受け入れ方法
妊娠中の疲れ取り方法
妊娠中の睡眠の変化
妊娠中ぼんやりすることも大切
妊娠中のパートナーとの生活
妊娠中に話し合っておくこと
父親・母親になる準備をする
出産をスムーズに進めるコツ
出産中頑張っているのは赤ちゃん
赤ちゃんを迎える準備・出産計画
赤ちゃんを母乳で育てる準備
出産に不安を感じた時
さまざまなお産のかたち
出産の兆候(身体・心理の変化)
前期破水、おりもの、陣痛
生まれたばかりの赤ちゃん
出産直後の赤ちゃんの気持ち
出産直後のお母さんのケア
生れ立ての赤ちゃんの感覚
元気が大切なお母さん
妊娠2〜4カ月(第一期)
妊娠5〜7カ月(第二期)
妊娠8〜10カ月(第三週)
一般的なお産の進み方1
一般的なお産の進み方2
妊娠中の妊娠線の予防方法
妊娠中の吐き気(つわり)
妊娠中の胸焼け(つわり)
妊娠中の肌の乾燥・乳房の張り
妊娠中の脚の静脈瘤・むくみ
妊娠中の口内ケアの方法
妊娠中の髪の毛のケア方法
妊娠中の会陰部マッサージの方法
自然な出産のためにできること
出産時に準備しておくといいもの
さまざまな出産の形(早産)
様々な出産の形(帝王切開)
出産直前のリラックス方法
赤ちゃんの体温調整

その他

リンク募集中
リスを飼育する方法