妊娠>妊娠すると五感が敏感

<妊娠すると五感が敏感に>
妊娠したら急にニキビが増えてしまった
肌が脂っこくなった
なんて人は少なくありません。

ですがそのような肌の変化は
ずっと続くわけではなく
時間がたてば身体の変化に適応しだし
肌も余計な脂を作らなくなりますので安心して下さい。

妊娠中はスキンケアにも気を使いましょう。

胎内の赤ちゃんへの影響を考えて、
安全な成分を使った製品に変えるといいです。
自然の素材を活かした、
肌自体の調整能力を高めるものをおすすめします。

妊娠中には香りにも敏感になります。
特に合成香料が苦手になるようです。
そんな五感が敏感な時期ほど
森林浴など自然な香りを満喫するといいです。

またローズの香りは、心身の調和をとってくれます。
不安定になる妊娠中にはローズの香りがおすすめです。

「今日はいつもより気持ちが不安定だな」
なんて時は森林浴に少し出かけてみたら
気分転換にもなり、良いと思います。
またハンカチにローズのアロマオイルを付けて持ち歩いたり、
コップにお湯を入れてそこにアロマオイルを数滴たらし
プチアロマセラピーを楽しむのもいいと思います。

ADHDをチェックする方法!
基準がまだ明確に決まっていないからと安心してはいけません!
特徴を理解して早期診断・治療を!

ハリネズミをペットに飼育する方法
ペットにはかなり珍しいハリネズミを飼育してみませんか?
愛くるしいしぐさに目が離せなくなりますよ☆

妊娠

トップページ
妊娠とわかったら(女性)
妊娠とわかったら(男性)
妊娠中の時期ごとの身体の変化
妊娠中健康的に過ごすコツ
妊娠中眠くて仕方ない場合
妊娠中の食事方法
妊娠中の水分摂取方法
妊娠すると五感が敏感
妊娠中のリラックス入浴方法
妊娠中の肌荒れ・肌の変化
妊娠・出産への心の準備
妊娠中の変化受け入れ方法
妊娠中の疲れ取り方法
妊娠中の睡眠の変化
妊娠中ぼんやりすることも大切
妊娠中のパートナーとの生活
妊娠中に話し合っておくこと
父親・母親になる準備をする
出産をスムーズに進めるコツ
出産中頑張っているのは赤ちゃん
赤ちゃんを迎える準備・出産計画
赤ちゃんを母乳で育てる準備
出産に不安を感じた時
さまざまなお産のかたち
出産の兆候(身体・心理の変化)
前期破水、おりもの、陣痛
生まれたばかりの赤ちゃん
出産直後の赤ちゃんの気持ち
出産直後のお母さんのケア
生れ立ての赤ちゃんの感覚
元気が大切なお母さん
妊娠2〜4カ月(第一期)
妊娠5〜7カ月(第二期)
妊娠8〜10カ月(第三週)
一般的なお産の進み方1
一般的なお産の進み方2
妊娠中の妊娠線の予防方法
妊娠中の吐き気(つわり)
妊娠中の胸焼け(つわり)
妊娠中の肌の乾燥・乳房の張り
妊娠中の脚の静脈瘤・むくみ
妊娠中の口内ケアの方法
妊娠中の髪の毛のケア方法
妊娠中の会陰部マッサージの方法
自然な出産のためにできること
出産時に準備しておくといいもの
さまざまな出産の形(早産)
様々な出産の形(帝王切開)
出産直前のリラックス方法
赤ちゃんの体温調整

その他

リンク募集中
インコの飼い方