妊娠>一般的なお産の進み方1

<一般的なお産の進み方>
・分娩第1期(開口期)
陣痛開始から子宮口が開くまでの時間。
1回の陣痛時間は20〜30秒くらいで
7〜15分間隔で陣痛がきます。

子宮口の開大4cmまで広がり、
初産婦では、平均12時間、
経産婦では、5時間くらい続きます。
そして、やがて赤ちゃんが産道から
回りながらおりてきます。

この時、60〜90秒くらいの陣痛が
5〜6分→1〜2分おきにきます。

子宮口の開大は4〜9センチまで広がり、
陣痛は痛みを増し、どんどん続きます。
お腹の中では赤ちゃんの一部(通常なら頭)が
骨盤内におりてきて、いきみたくなります。

初産婦の場合では平均3時間、
経産婦では平均2時間かかります。

・分娩第2期(娩出期)
1回の陣痛時間は60〜90秒くらいで
1〜2分の間隔で陣痛がきます。

この時の子宮口の開大は10cm(子宮口全開大)となり
通常ならここで破水が起こります。
陣痛の波に合わせて自然にいきみがかかります。
その時赤ちゃんはお母さんのいきみに合わせて
頭が見え隠れします。
やがて赤ちゃんの頭が産道に挟まり引っ込まなくなります。
産道が完全に開くと赤ちゃんは自分で後頭部をこてに
恥骨をくぐりぬけ、陣痛の力だけでゆっくりと頭を出します。

妊娠

トップページ
妊娠とわかったら(女性)
妊娠とわかったら(男性)
妊娠中の時期ごとの身体の変化
妊娠中健康的に過ごすコツ
妊娠中眠くて仕方ない場合
妊娠中の食事方法
妊娠中の水分摂取方法
妊娠すると五感が敏感
妊娠中のリラックス入浴方法
妊娠中の肌荒れ・肌の変化
妊娠・出産への心の準備
妊娠中の変化受け入れ方法
妊娠中の疲れ取り方法
妊娠中の睡眠の変化
妊娠中ぼんやりすることも大切
妊娠中のパートナーとの生活
妊娠中に話し合っておくこと
父親・母親になる準備をする
出産をスムーズに進めるコツ
出産中頑張っているのは赤ちゃん
赤ちゃんを迎える準備・出産計画
赤ちゃんを母乳で育てる準備
出産に不安を感じた時
さまざまなお産のかたち
出産の兆候(身体・心理の変化)
前期破水、おりもの、陣痛
生まれたばかりの赤ちゃん
出産直後の赤ちゃんの気持ち
出産直後のお母さんのケア
生れ立ての赤ちゃんの感覚
元気が大切なお母さん
妊娠2〜4カ月(第一期)
妊娠5〜7カ月(第二期)
妊娠8〜10カ月(第三週)
一般的なお産の進み方1
一般的なお産の進み方2
妊娠中の妊娠線の予防方法
妊娠中の吐き気(つわり)
妊娠中の胸焼け(つわり)
妊娠中の肌の乾燥・乳房の張り
妊娠中の脚の静脈瘤・むくみ
妊娠中の口内ケアの方法
妊娠中の髪の毛のケア方法
妊娠中の会陰部マッサージの方法
自然な出産のためにできること
出産時に準備しておくといいもの
さまざまな出産の形(早産)
様々な出産の形(帝王切開)
出産直前のリラックス方法
赤ちゃんの体温調整

その他

リンク募集中
法律でトラブルを回避
名古屋市中区のラーメン屋