妊娠>妊娠中の疲れ取り方法

<妊娠中に疲れが溜まったら>
妊娠初期は子宮の成長と共に身体がいつもより
働かなくてはならないの疲労状態にあります。
妊娠初期は特に妊娠していることに身体が慣れておらず、
お腹だけに身体全体のエネルギーを消耗してしまい、
エネルギー不足をおこしてしまいます。

さらに妊娠8カ月ごろになると赤ちゃんは成長し
お腹が大きくなってきます。
そうすると当然エネルギーが不足してしまいます。

また今まで動悸や息切れをあまりしたことのない人でも
食後は消化のため血液や酸素を身体が必要とし
動悸や息切れを感じることもあると思います。

これらのエネルギー不足はお母さんの
体力の問題ではなく、赤ちゃんが元気に成長し
大きくなっている証拠です。

もしこのようなエネルギー不足が起きた場合、
無理をせず、睡眠をたっぷりとるのが一番です。
毎日、1時間でもお昼寝をすると
身体はずいぶん楽になると思います。
1日の計画を立て、バランスの良い生活を送りましょう。



知らなきゃ損する中古車情報!
車は安い買い物ではない!1円でも安く買う方法を知りたくないですか?
さらに騙されない知って得する情報も。車って安いようで高い…。
「賢い中古マンション購入方法」
賃貸のアパートから一戸建てではなくマンションを考えているあなた!
お得な情報満載で必見です。この先ずっと賃貸アパートでいいのかな?

妊娠

トップページ
妊娠とわかったら(女性)
妊娠とわかったら(男性)
妊娠中の時期ごとの身体の変化
妊娠中健康的に過ごすコツ
妊娠中眠くて仕方ない場合
妊娠中の食事方法
妊娠中の水分摂取方法
妊娠すると五感が敏感
妊娠中のリラックス入浴方法
妊娠中の肌荒れ・肌の変化
妊娠・出産への心の準備
妊娠中の変化受け入れ方法
妊娠中の疲れ取り方法
妊娠中の睡眠の変化
妊娠中ぼんやりすることも大切
妊娠中のパートナーとの生活
妊娠中に話し合っておくこと
父親・母親になる準備をする
出産をスムーズに進めるコツ
出産中頑張っているのは赤ちゃん
赤ちゃんを迎える準備・出産計画
赤ちゃんを母乳で育てる準備
出産に不安を感じた時
さまざまなお産のかたち
出産の兆候(身体・心理の変化)
前期破水、おりもの、陣痛
生まれたばかりの赤ちゃん
出産直後の赤ちゃんの気持ち
出産直後のお母さんのケア
生れ立ての赤ちゃんの感覚
元気が大切なお母さん
妊娠2〜4カ月(第一期)
妊娠5〜7カ月(第二期)
妊娠8〜10カ月(第三週)
一般的なお産の進み方1
一般的なお産の進み方2
妊娠中の妊娠線の予防方法
妊娠中の吐き気(つわり)
妊娠中の胸焼け(つわり)
妊娠中の肌の乾燥・乳房の張り
妊娠中の脚の静脈瘤・むくみ
妊娠中の口内ケアの方法
妊娠中の髪の毛のケア方法
妊娠中の会陰部マッサージの方法
自然な出産のためにできること
出産時に準備しておくといいもの
さまざまな出産の形(早産)
様々な出産の形(帝王切開)
出産直前のリラックス方法
赤ちゃんの体温調整

その他

リンク募集中