妊娠>妊娠中の胸焼け(つわり)

<妊娠中の胸焼け(つわり)>
赤ちゃんができると多くの方が胸焼けに悩まされます。
いままで胸焼けなんてしたことがない、
という人でも妊娠してはじめて胸焼けを体験した
なんて人もいると思います。

このむ胸焼けもつわりの一種です。

妊娠中の吐き気の原因と同じで、
赤ちゃんがお母さんのお腹のスペースの
多くを占めるようになったことです。

胃が横隔膜に向かって圧迫されると、
胃酸が食道にあがってきます。
さらに、体内のホルモンの変化によって
胃の上部にある括約筋(消化管壁)が
緩みやすくなっているため、
食道と胃が通常通りに働かず、
胃から食道への逆流が起こりやすくなります。

大量の胃酸が逆流することはめったにありませんが、
少量の胃酸でも胸焼けをおこす原因となります。

一番の妊娠中の胸焼けの対処法としては、
食事を摂る時に背筋をピンと伸ばして座ることです。
就寝中も頭と肩を少し高くして
背筋を伸ばすようにしても効果があります。

また、一握りのヘーゼルナッツ、または
粒の小さめの未調理のオートミールを
小さじ1杯食べるのも胸焼けを和らげます。
胃の粘膜を整える働きがあり、胃酸を吸収して
すっぱい感じが上がってくるのを防ぎます。



簡単に激安で節約もできてヘルシーな主婦レシピ
一人暮らしでも家族でも簡単に激安でおいしい料理ができちゃいます。
野菜の残りや、安い食材が中心のレシピです。

うつ病歴4年の患者が語るうつ病マニュアル
うつ病はれっきとした病気です。軽く見てはいけません。
周りの人のケアも大事なのです。勉強してみませんか?

妊娠

トップページ
妊娠とわかったら(女性)
妊娠とわかったら(男性)
妊娠中の時期ごとの身体の変化
妊娠中健康的に過ごすコツ
妊娠中眠くて仕方ない場合
妊娠中の食事方法
妊娠中の水分摂取方法
妊娠すると五感が敏感
妊娠中のリラックス入浴方法
妊娠中の肌荒れ・肌の変化
妊娠・出産への心の準備
妊娠中の変化受け入れ方法
妊娠中の疲れ取り方法
妊娠中の睡眠の変化
妊娠中ぼんやりすることも大切
妊娠中のパートナーとの生活
妊娠中に話し合っておくこと
父親・母親になる準備をする
出産をスムーズに進めるコツ
出産中頑張っているのは赤ちゃん
赤ちゃんを迎える準備・出産計画
赤ちゃんを母乳で育てる準備
出産に不安を感じた時
さまざまなお産のかたち
出産の兆候(身体・心理の変化)
前期破水、おりもの、陣痛
生まれたばかりの赤ちゃん
出産直後の赤ちゃんの気持ち
出産直後のお母さんのケア
生れ立ての赤ちゃんの感覚
元気が大切なお母さん
妊娠2〜4カ月(第一期)
妊娠5〜7カ月(第二期)
妊娠8〜10カ月(第三週)
一般的なお産の進み方1
一般的なお産の進み方2
妊娠中の妊娠線の予防方法
妊娠中の吐き気(つわり)
妊娠中の胸焼け(つわり)
妊娠中の肌の乾燥・乳房の張り
妊娠中の脚の静脈瘤・むくみ
妊娠中の口内ケアの方法
妊娠中の髪の毛のケア方法
妊娠中の会陰部マッサージの方法
自然な出産のためにできること
出産時に準備しておくといいもの
さまざまな出産の形(早産)
様々な出産の形(帝王切開)
出産直前のリラックス方法
赤ちゃんの体温調整

その他

リンク募集中
女性の身体の悩み!