妊娠>妊娠中の脚の静脈瘤・むくみ

<妊娠中の脚の静脈瘤・むくみの防止>
・妊娠中の脚の静脈瘤
妊娠すると、脚や膝のうしろに大きな
でこぼことした腺が現れることがあります。
これを動脈瘤と言います。

動脈瘤の原因としては、
妊娠中は血液の量が
いつもより20パーセントも増加することです。

いつもより多くの血液が
血管に流れ込むことによって
血圧が高まり、血管壁が普段より膨張ししまい、
その膨らんだ血管がねじれて、
皮膚から浮く上がり、静脈瘤となります。

また、それに伴い妊娠中は血液の流れが遅いため、
特に下半身の血行が悪くなります。
血液が増える上に血行が悪くなるので
妊娠中は静脈瘤がよりできやすくなります。

・妊娠中の脚のむくみ
妊娠すると、血液の量が増え、
特に下半身の血行が悪くなるため
血行不良で脚を重く感じさせ、
むくみを引き起こすことがあります。

こうした時のケアとしては、
バスミルクやチトを使用した足浴や、
ジェルでマッサージをすることをおすすめします。
また、定期的に歩いたり、座っている時は
脚を組まないようにしたり、
ヒールは履かないように心がけましょう。
これらは、静脈瘤の場合のも効果があります。



ペットにフェレットを飼育してみる!
種類、飼い方、病気、しつけの裏技も紹介犬同様になつく
「フェレット」を飼育してみませんか?

フクロモモンガ飼う前に!値段もケージも餌もしっかりお勉強☆
まだあまりポピュラーではフクロモモンガ。
安易に手を出さないように勉強しましょう。

妊娠

トップページ
妊娠とわかったら(女性)
妊娠とわかったら(男性)
妊娠中の時期ごとの身体の変化
妊娠中健康的に過ごすコツ
妊娠中眠くて仕方ない場合
妊娠中の食事方法
妊娠中の水分摂取方法
妊娠すると五感が敏感
妊娠中のリラックス入浴方法
妊娠中の肌荒れ・肌の変化
妊娠・出産への心の準備
妊娠中の変化受け入れ方法
妊娠中の疲れ取り方法
妊娠中の睡眠の変化
妊娠中ぼんやりすることも大切
妊娠中のパートナーとの生活
妊娠中に話し合っておくこと
父親・母親になる準備をする
出産をスムーズに進めるコツ
出産中頑張っているのは赤ちゃん
赤ちゃんを迎える準備・出産計画
赤ちゃんを母乳で育てる準備
出産に不安を感じた時
さまざまなお産のかたち
出産の兆候(身体・心理の変化)
前期破水、おりもの、陣痛
生まれたばかりの赤ちゃん
出産直後の赤ちゃんの気持ち
出産直後のお母さんのケア
生れ立ての赤ちゃんの感覚
元気が大切なお母さん
妊娠2〜4カ月(第一期)
妊娠5〜7カ月(第二期)
妊娠8〜10カ月(第三週)
一般的なお産の進み方1
一般的なお産の進み方2
妊娠中の妊娠線の予防方法
妊娠中の吐き気(つわり)
妊娠中の胸焼け(つわり)
妊娠中の肌の乾燥・乳房の張り
妊娠中の脚の静脈瘤・むくみ
妊娠中の口内ケアの方法
妊娠中の髪の毛のケア方法
妊娠中の会陰部マッサージの方法
自然な出産のためにできること
出産時に準備しておくといいもの
さまざまな出産の形(早産)
様々な出産の形(帝王切開)
出産直前のリラックス方法
赤ちゃんの体温調整

その他

リンク募集中
ヘルシーな主婦レシピ