妊娠>さまざまな出産の形(早産)

<いろいろな出産の形(早産)>
早産児とは一般的に在胎37週未満で
生まれてきた赤ちゃんのことをいいます。

近年、この早産が増加してきて、
新生児の約8%が早く生まれてくると言われています。

近年に赤ちゃんんが予定より
早く生まれてくることが
多くなった原因はさまざまですが、
ストレスの強い職場で働くとや、
妊娠中の子宮内感染が高まったことが挙げられます。

予定日より何週間か早く生まれたから
といって健康に問題がない場合がほとんどです。

ですが早産が原因でなんらかの特別な治療や
ケアが必要になる場合もあります。
近年では、早産の医療技術は進歩してきて、
日本でも早産の赤ちゃんの専門の治療やケアのできる
小児専門病院や未熟児センターなどもあります。

また、早産は赤ちゃんの両親にも大きなストレスを
与えることになります。

不安や心配、赤ちゃんへの罪悪感などが
数週間付きまとうかもしれません。
そういった時は周囲の方は両親への
サポートや心遣いを知っておいてもらう
必要があります。



子どもにも権利はある!
子育ては大変ですが大事な事をしっかり話し合いましょう。

女性の身体の悩み!
思春期からの約10年は女性が輝きを放つ時期です。
健やかに、楽しく過ごしていきましょう。

妊娠

トップページ
妊娠とわかったら(女性)
妊娠とわかったら(男性)
妊娠中の時期ごとの身体の変化
妊娠中健康的に過ごすコツ
妊娠中眠くて仕方ない場合
妊娠中の食事方法
妊娠中の水分摂取方法
妊娠すると五感が敏感
妊娠中のリラックス入浴方法
妊娠中の肌荒れ・肌の変化
妊娠・出産への心の準備
妊娠中の変化受け入れ方法
妊娠中の疲れ取り方法
妊娠中の睡眠の変化
妊娠中ぼんやりすることも大切
妊娠中のパートナーとの生活
妊娠中に話し合っておくこと
父親・母親になる準備をする
出産をスムーズに進めるコツ
出産中頑張っているのは赤ちゃん
赤ちゃんを迎える準備・出産計画
赤ちゃんを母乳で育てる準備
出産に不安を感じた時
さまざまなお産のかたち
出産の兆候(身体・心理の変化)
前期破水、おりもの、陣痛
生まれたばかりの赤ちゃん
出産直後の赤ちゃんの気持ち
出産直後のお母さんのケア
生れ立ての赤ちゃんの感覚
元気が大切なお母さん
妊娠2〜4カ月(第一期)
妊娠5〜7カ月(第二期)
妊娠8〜10カ月(第三週)
一般的なお産の進み方1
一般的なお産の進み方2
妊娠中の妊娠線の予防方法
妊娠中の吐き気(つわり)
妊娠中の胸焼け(つわり)
妊娠中の肌の乾燥・乳房の張り
妊娠中の脚の静脈瘤・むくみ
妊娠中の口内ケアの方法
妊娠中の髪の毛のケア方法
妊娠中の会陰部マッサージの方法
自然な出産のためにできること
出産時に準備しておくといいもの
さまざまな出産の形(早産)
様々な出産の形(帝王切開)
出産直前のリラックス方法
赤ちゃんの体温調整

その他

リンク募集中
名古屋市北部のラーメン屋
名古屋市南部のラーメン屋