妊娠>赤ちゃんを母乳で育てる準備

<赤ちゃんを母乳で育てる準備>
妊娠7〜8カ月ごろになると、
どこで赤ちゃんを産もうか、
赤ちゃんを母乳で育てようかどうしようかなどと
迷い始めるおかあさんも多いと思います。

もし、赤ちゃんを母乳で育てると決めているのであれば、
赤ちゃんを母乳で育てるための準備をはじめましょう。

赤ちゃんを母乳で育てるのに準備なんかいるの?
と思う方も多いと思いますが、これは重要なことです。
というのも、赤ちゃんのおっぱいを吸う力というのは
相当なものです。

ですから、自分のためにも赤ちゃんのためにも
出産前から乳首のケアをすることが大切です。
この乳首のケアは出産予定日の2カ月前くらいから
はじめるのがベストです。

また出産予定日の1か月前ごろから
母乳がよく出るように母乳促進の効果がある
ハーブティーなどを飲み始めるのもいいです。

〜乳首マッサージ〜
1、オイルを手に取り、乳首によくなじませます。
そして乳首の上下の部分を指ではさみ、軽く圧迫します。
2、乳首の左右も同じように軽く圧迫します。
3、乳首を引っ張ります。

妊娠

トップページ
妊娠とわかったら(女性)
妊娠とわかったら(男性)
妊娠中の時期ごとの身体の変化
妊娠中健康的に過ごすコツ
妊娠中眠くて仕方ない場合
妊娠中の食事方法
妊娠中の水分摂取方法
妊娠すると五感が敏感
妊娠中のリラックス入浴方法
妊娠中の肌荒れ・肌の変化
妊娠・出産への心の準備
妊娠中の変化受け入れ方法
妊娠中の疲れ取り方法
妊娠中の睡眠の変化
妊娠中ぼんやりすることも大切
妊娠中のパートナーとの生活
妊娠中に話し合っておくこと
父親・母親になる準備をする
出産をスムーズに進めるコツ
出産中頑張っているのは赤ちゃん
赤ちゃんを迎える準備・出産計画
赤ちゃんを母乳で育てる準備
出産に不安を感じた時
さまざまなお産のかたち
出産の兆候(身体・心理の変化)
前期破水、おりもの、陣痛
生まれたばかりの赤ちゃん
出産直後の赤ちゃんの気持ち
出産直後のお母さんのケア
生れ立ての赤ちゃんの感覚
元気が大切なお母さん
妊娠2〜4カ月(第一期)
妊娠5〜7カ月(第二期)
妊娠8〜10カ月(第三週)
一般的なお産の進み方1
一般的なお産の進み方2
妊娠中の妊娠線の予防方法
妊娠中の吐き気(つわり)
妊娠中の胸焼け(つわり)
妊娠中の肌の乾燥・乳房の張り
妊娠中の脚の静脈瘤・むくみ
妊娠中の口内ケアの方法
妊娠中の髪の毛のケア方法
妊娠中の会陰部マッサージの方法
自然な出産のためにできること
出産時に準備しておくといいもの
さまざまな出産の形(早産)
様々な出産の形(帝王切開)
出産直前のリラックス方法
赤ちゃんの体温調整

その他

リンク募集中