妊娠>さまざまなお産のかたち

<さまざまなお産のかたち>
お産の種類は、赤ちゃんの数だけあります。
急に激しい陣痛におそわれるかもしれませんし、
ゆっくりと陣痛が始まるかもしれません。

赤ちゃんが産道をおりてくるのに何時間もかかったり、
帝王切開で産まれてくる赤ちゃんもいます。
もちろん、逆にとても楽なお産の場合もあります。

お産には、一つ一つにそれぞれ物語があり、
お産がどう始まり、どう進んでいくかにより
あかちゃん自身の性格も反映されるようです。

また誕生後にすぐ泣き始めるか、
ゆっくり周りを見わたすか、
その産まれた直後のあかちゃんの様子からも
あかちゃんの性格を感じることができるようです。

「うまく産むことができなかったらどうしよう」
と心配になっているおかあさんも少なくないと思います。

ですがおかあさんが心配ばかりしていたら
お腹の中の赤ちゃんまで心配になってしまいますよ。
そんな時はお産を経験したことのある友人などに
相談してみましょう。

きっと気持ちがかるくなります。
そして自分とお腹の中のあかちゃんを信じましょう。
「あなたはいつでも産まれてきていいのよ」
「お母さんも頑張るから、あなたも頑張ってね」
とお腹の赤ちゃんに話しかけてあげてください。
大丈夫です。

妊娠

トップページ
妊娠とわかったら(女性)
妊娠とわかったら(男性)
妊娠中の時期ごとの身体の変化
妊娠中健康的に過ごすコツ
妊娠中眠くて仕方ない場合
妊娠中の食事方法
妊娠中の水分摂取方法
妊娠すると五感が敏感
妊娠中のリラックス入浴方法
妊娠中の肌荒れ・肌の変化
妊娠・出産への心の準備
妊娠中の変化受け入れ方法
妊娠中の疲れ取り方法
妊娠中の睡眠の変化
妊娠中ぼんやりすることも大切
妊娠中のパートナーとの生活
妊娠中に話し合っておくこと
父親・母親になる準備をする
出産をスムーズに進めるコツ
出産中頑張っているのは赤ちゃん
赤ちゃんを迎える準備・出産計画
赤ちゃんを母乳で育てる準備
出産に不安を感じた時
さまざまなお産のかたち
出産の兆候(身体・心理の変化)
前期破水、おりもの、陣痛
生まれたばかりの赤ちゃん
出産直後の赤ちゃんの気持ち
出産直後のお母さんのケア
生れ立ての赤ちゃんの感覚
元気が大切なお母さん
妊娠2〜4カ月(第一期)
妊娠5〜7カ月(第二期)
妊娠8〜10カ月(第三週)
一般的なお産の進み方1
一般的なお産の進み方2
妊娠中の妊娠線の予防方法
妊娠中の吐き気(つわり)
妊娠中の胸焼け(つわり)
妊娠中の肌の乾燥・乳房の張り
妊娠中の脚の静脈瘤・むくみ
妊娠中の口内ケアの方法
妊娠中の髪の毛のケア方法
妊娠中の会陰部マッサージの方法
自然な出産のためにできること
出産時に準備しておくといいもの
さまざまな出産の形(早産)
様々な出産の形(帝王切開)
出産直前のリラックス方法
赤ちゃんの体温調整

その他

リンク募集中
アスペルガー症候群の症状
子どもの健康を考えよう!