妊娠>前期破水、おりもの、陣痛

<お産のはじまりの合図>
お産の始まりは、
まずお産の兆候が見られます。
いずれかの症状が見られる場合には、
産院に連絡をし医師または看護師の指示を受けましょう。

・血液が混じったおりもの(おしるし)
が見られます。
ピンク〜赤〜褐色くらいまでの色で、
量も人それぞれ違います。
これは子宮口の粘膜が緩くなっているしるしです。
この後に数時間か数日あとに出産します。

・規則的な収縮(陣痛)が起こります。
規則的な収縮とは、腹部がかたくなったり、
腰の痛みが一定の間隔で規則的に起こることを言います。
この痛みの間隔が10分ほどになったら
陣痛が始まったという事になります。

・前期破水(早期破水)起こります。
通常の場合、破水はお産が進み子宮口が
胎児の頭が通れるほど開いた時に破水が起こります。

ですが、その前に、赤ちゃんを包む卵膜が破裂し
羊水が排出される場合があります。
この時に出る羊水の量は個人差があります。

これ以外にも、妊娠予定日が近づき体に変化があるようなら
産院に連絡をして確認してみてください。

妊娠

トップページ
妊娠とわかったら(女性)
妊娠とわかったら(男性)
妊娠中の時期ごとの身体の変化
妊娠中健康的に過ごすコツ
妊娠中眠くて仕方ない場合
妊娠中の食事方法
妊娠中の水分摂取方法
妊娠すると五感が敏感
妊娠中のリラックス入浴方法
妊娠中の肌荒れ・肌の変化
妊娠・出産への心の準備
妊娠中の変化受け入れ方法
妊娠中の疲れ取り方法
妊娠中の睡眠の変化
妊娠中ぼんやりすることも大切
妊娠中のパートナーとの生活
妊娠中に話し合っておくこと
父親・母親になる準備をする
出産をスムーズに進めるコツ
出産中頑張っているのは赤ちゃん
赤ちゃんを迎える準備・出産計画
赤ちゃんを母乳で育てる準備
出産に不安を感じた時
さまざまなお産のかたち
出産の兆候(身体・心理の変化)
前期破水、おりもの、陣痛
生まれたばかりの赤ちゃん
出産直後の赤ちゃんの気持ち
出産直後のお母さんのケア
生れ立ての赤ちゃんの感覚
元気が大切なお母さん
妊娠2〜4カ月(第一期)
妊娠5〜7カ月(第二期)
妊娠8〜10カ月(第三週)
一般的なお産の進み方1
一般的なお産の進み方2
妊娠中の妊娠線の予防方法
妊娠中の吐き気(つわり)
妊娠中の胸焼け(つわり)
妊娠中の肌の乾燥・乳房の張り
妊娠中の脚の静脈瘤・むくみ
妊娠中の口内ケアの方法
妊娠中の髪の毛のケア方法
妊娠中の会陰部マッサージの方法
自然な出産のためにできること
出産時に準備しておくといいもの
さまざまな出産の形(早産)
様々な出産の形(帝王切開)
出産直前のリラックス方法
赤ちゃんの体温調整

その他

リンク募集中
家づくりを失敗しない方法!
更年期障害の症状をチェック